種類によって変わる

治療

歯のホワイトニングは、普通のむし歯治療などを行ってくれる街の歯科医院ではなく、審美歯科という看板を掲げた歯科医院で行っています。審美歯科とは聞きなじみのない言葉ではありますが、そのよく聞いたことがないという曖昧さが余計に、料金もかかるんじゃないか??と不安もあおります。実際に歯のホワイトニングでは、どんなことをやってくれて、いくらぐらいの料金がかかるのか、といった情報はあまり知られていないのかもしれません。

テレビなどで、ホワイトニングという言葉が独り歩きし、実際にやってみた白い歯の写真を見て、いいなぁという印象をもっているだけなのです。中には、歯が白すぎると評判の有名人もいますよね。一般にホワイトニングといわれるやり方は、ホワイトニング薬剤を塗り、光を照射することで漂白していきます。歯科医院で行う場合もあれば、自宅で行う場合もあります。以前、その薬剤がインターネットで販売されて、話題をよんだこともありました。歯科医院で行う場合、料金は、1回1万円から10万円と開きがかなりあります。この料金の開きは、光の量や、光を当てる本数によって変わるためのようです。家で行う場合の料金は、上下で各20日分として、25000円から50000円ぐらいが相場のようです。それ以外にも、ラミネートべニア、セラミッククラウン、マニキュアなどといった種類があり、種類によって料金設定は大きく異なります。まず、何をどうしたいのか、それらの相場も含めて考えておきましょう。<