歯のバランス

治療

きれいな歯並びを行う矯正歯科治療ですが、主な方法として歯列矯正と補綴矯正に分かれます。歯列矯正にも子供たちが行う小児矯正と永久歯が生えそろった成人矯正の2種類に分かれます。小児矯正にはあごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。1期治療は永久歯が生えそろう6歳から10歳くらいまでに行うのがベストですね。成人矯正は年齢は関係なくなり、受診者の日常生活に合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。ただ子どもの矯正と違って、顎の骨格を矯正することはできないので、歯並びによっては、抜歯をして歯を並べるスペースをつくる場合もあります。また大人になってからの矯正歯科は顎の大きさや形が原因で歯並びが悪い場合は、顎の骨を手術して顎のバランスを改善することが必要な場合があります。外科手術と矯正装置による歯列矯正を組み合わせて治療することを「外科矯正」といいます。補綴矯正とは、悪い歯並びの歯の形そのものを変えて、歯並びを改善する方法です。
削った歯の上に、きれいな歯並びになるように形を整えたセラミックでできた人工歯をかぶせたり、貼りつけたりする治療法で、短期間で歯並びを改善できます。また被せ物の人工歯の色が選べるので、希望の白い歯にすることができます。治療法により時間や金額なども変わってきますので担当医と話をしてどの治療法がいいか前もって相談した方が良いですね。

矯正歯科は保険が効かない治療になりますので、失敗しないように病院選びは前もってきちんと調べておくことが大切です。まずは矯正歯科治療の臨床経験が豊富な先生がいる医院を探すことです。重要視することは技術と経験です。自分に似た歯並び治療の経験がある先生がしっかり診療してくれる病院がを探すことが第一です。病院を数カ所に絞れたなら実際に病院へ行き、矯正歯科に関しての見積もりを相談しましょう。期間、費用、気になる事は全て尋ねて下さい。相談している間に気にかけておいた方が良いのがどんな質問にも困ったり嫌がられたりしないかチェックしましょう。実際に矯正歯科の治療に入ると2年前後くらいかかってしまいます。治療しながら半年や一年が過ぎて不具合や疑問等があった時に気を使わせない医師であれば納得できそれが信頼にもつながっていきます。このような関係がお互いに築けるようになれるのが一番いいですね。
治療の中には、担当医といい関係が築けず新しい病院へ移るということもあります。そんな面倒なことも行いたくないですね。また当然のことなのですが、受診される病院が清潔を保てているのかどうかも目で見て判断することも大切です。診療台や、患者さんの口に触れる器具の衛生管理など、感染予防と安全への意識が高い病院を選択することをオススメします。さらに長期間の通院になるため、天王寺区などで通いやすい病院や予約時間などに大きな遅れが無く治療できる病院も選択する方法として重要です。同じ病院に通っている方や待合中に他の患者さんにそれとなく聞いてみるのも良いと思います。

矯正歯科での治療にはいくらくらい費用がかかるのでしょうか。基本的に保険が効かない治療になりますので高額な費用になります。一般的な病院での治療には初診料で5,000円前後、検査や診断料で50,000円前後、装置装着料、 治療費、保定装置料、保定観察料など直接的な治療費を含めると70万円から100万円前後になります。これは表側に装置を付ける場合で、裏側に装置を付けるとなると130万円から150万円前後まで費用が上がってしまいます。治療費は病院によって支払方法が洗濯できます。費用を現金で一括で支払う場合や、クレジットカードで分割で支払う場合、病院を通じてのローン会社への申し込みで分割払いも可能です。高額な費用となりますので支払方法にも複数選択できるんです。また保険が効かない矯正歯科ですが、一部医療費控除として確定申告すれば、戻ってくる場合もあります。一年間に多額の医療費を支払った人(「多額の医療費」とは原則として10万円を超えるものをいいます。)は確定申告をすれば税金が戻ってきます。
成人矯正の場合、美容目的とみなされ認められないのでは?と諦めている方 が多いようですが、実際は成人矯正でも「噛み合せの向上」が主な目的です ので、治療目的と承認される場合があります。 専門医(日本矯正歯科学会の認定医)の診断書があれば100%認められるので担当医と相談しても良いですね。矯正歯科の治療費をローンで支払っているという場合でも大丈夫です。ローンは、患者が支払うべき治療費を信販会社が立替払いをして、その立替え分を患者が分 割で信販会社に返済してゆくものです。したがって、信販会社が立替え払いした金額は、その患者の立て替え払いした年の医療費控除の対象になりますので安心して下さい。

種類によって変わる

治療

歯のホワイトニングは、そのやり方や種類によって料金が変わってきます。審美歯科のある歯科でホワイトニングは行っていますが、歯科によっても料金設定はまちまちで、統一されていません。

悪くなる原因

歯科

多くの子供に見られる指しゃぶりや口呼吸といった癖が、やがて習慣になってしまうと、歯並びまで悪くなってしまうそうです。歯並びが悪くなっていれば、早めに矯正歯科に行きましょう。

安物にはご注意

インプラント

インプラントは保険がきかないから高額。歯科医院によって値段もバラバラなので、より安いところを探してしまいたくなるのが人情ですが、あまりにも安い物には注意しておきましょう。